ランドセル選びは思ったよりも早く動こう

ランドセルのCMが流れ始めましたね!

 

「え、もうランドセル??」

 

なーんて思う方も多いかと思いますが…

 

ランドセル人気なのは

 

じつはランドセルが一番売れるのは夏。
「帰省した際におじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらう」というのが理由の一つのようです。

 

そのため、各ランドセルメーカーは春〜梅雨の間に新しい型を発売します。

 

今年一年生になったうちの息子のランドセルも、去年の梅雨に購入しました。
買ったランドセルは「東京ディズニーリゾート限定ランドセル」

 

我が家は3世代に渡りディズニーが大好きなので、全員一致で購入決定!
今ではそのランドセルを毎日背負い、小学校に通っています。

 

実は"ディズニーリゾートでランドセルが売られている"ということがあまり知られていないようですね。

 

せっかくなので、我が家がディズニーでランドセルを買った経緯をご紹介したいと思います!

ランドセル選びに四苦八苦

保育園や幼稚園で年長にあがると、まずママ友の間で話題になるのが「ランドセル選び」

 

4月に入るとテレビCMも始まり、どこで買うべきか・どんなものを買うべきか親は悩み始めます。

 

我が家も一年前の4月、ランドセル選びを開始しました。

 

周りのママ友は、ランドセルブランドの展示会にいったり、メーカーに資料請求をしたり。

 

ランドセル土屋鞄はどうか

 

先輩ママの「早く買った方が希望の色と形を買うことができる!」という言葉に踊らされ、希望通りのランドセルをゲットするために多くの親がランドセル選びに奮闘していました。

 

我が家も同じく、ネットでどのランドセルにするか選び始めていました。

 

その時、ふと「ディズニーコラボのランドセルってあるのかな…?」と思い、「ディズニー ランドセル」で検索をかけたのです。

 

そこで見つかったのがこちらのサイト!

 

東京ディズニーリゾートオリジナルランドセル

 

なんと、ディズニーリゾートでもオリジナルのランドセルを発売しているというのです!

 

わが子に見せるなり「これがいい!!」と即決!

 

家族の意見も全員一致し、早速このランドセルを予約することにしました。

予約ができるのはディズニーランド・ディズニーシーのみ!

このランドセル、実はネットや電話で予約することができません

 

ディズニーランドにある「ハウス・オブ・グリーティング」か、ディズニーシーにある「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」のどちらかに実際足を運び、そこでランドセル料金を支払うことで予約をすることができます。

 

この条件、ディズニー好きの我が家にはなんなくクリア!

 

実際にディズニーシーに遊びに行く予定もあったので、「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」に行き予約を済ませました。

 

ディズニーランドセル

 

こちらが予約時にもらった申込書

 

ちなみに男の子なので、予約した商品は「スタンダードライン」のブラックです。

 

ディズニーリゾートのランドセル

 

お値段は58,000円(税込・送料込)

 

完全受注生産となっており、翌年の2月下旬に自宅に届くようになっています。

東京ディズニーリゾート限定ランドセルが届いた!

予約してから8か月…
まだかまだかと楽しみにしていたところ、2月の下旬にやっとランドセルが届きました!

 

ランドセル男の子用

 

こちらがディズニーリゾートオリジナルのランドセル!
見た目はとってもシンプルです。

 

ランドセル黒

 

ランドセルの正面には、ミッキー型の鋲(反射板)がついています

 

ランドセルのミッキー

 

再度にはシンデレラ城のエンブレム

 

ランドセル売れ筋

 

付属品はこちら

 

・時間割表×4枚
・ネームカード4枚
・レインカバー

 

特にレインカバーはありがたいですね!
雨の日、傘をさしても大きなランドセルは傘から飛び出してしまいます

 

レインカバーをかぶせてあげれば、教科書を濡らすこともなく、ランドセルを汚すこともありません

 

ランドセルは牛革かクラリーノか

 

もちろん、防犯ブザーを取り付けるフックも肩ベルトについています

 

防犯ブザー付き

 

お店で見て予約をした商品ですが、実際手にするとやはりこれを選んでよかったな〜という印象

 

どの学校でも規定化されているA4ファイルも、きちんと入るサイズになっています

 

ちなみに男の子はブラックのみとなっていますが、女の子はピンク・ブラウン・パープルと3色展開されています

 

ランドセル色

 

また、スタンダードラインのほかに「プレミアムライン」「プレミアムプラス」といった商品も展開

 

「プレミアムライン」はディズニープリンセスをモチーフにしたデザインとなっており、かわいらしさと上質感を兼ね備えています

 

ランドセル値段

 

パールピンク・パールサックス・パールラベンダーの3色展開

 

お値段が75,000円(税込・送料込)と少々高めですが、どれも女の子にぴったりのデザインとなっています

 

「プレミアムプラス」は、さらにゴージャスなデザイン

 

ランドセルどこで買う

 

リトルマーメイドのアリエルやフランダーの刺繍が施された、とても豪華なランドセル

 

色はパールブラウンのみとなっており、お値段は80,000円(税込・送料込)です

予約をするならパークへGO!

先ほども書いたように、ディズニーリゾートオリジナルランドセルはパークでのみ予約が可能

 

ということなので、購入希望の方はパークに行く必要があります

 

…とはいえ、チケット代が7,400円もするディズニーリゾートに、そんなに気軽には遊びにいけませんよね

 

ディズニーリゾート東京

 

それなら、ディズニーの1デーパスポートを安く購入して遊びに行きませんか??

 

CMでもおなじみのチケットキャンプなら、ディズニーのパスポートも定価より安く購入することができます

 

現在のディズニーリゾートの1デーパスポートの値段は

 

大人:7,400円
中人:6,400円
小人:4,800円

 

とかなり高額!

 

ですがチケットキャンプで見てみると…

 

大人1枚あたり最安値で大体6,200円から売られています。

 

1,000円以上安く購入できれば、お土産代やお食事代に回せますね!

 

チケットキャンプはディズニーのチケットだけでなく、他のレジャー施設やライブ・コンサート・スポーツなどといった幅広いジャンルのチケットを扱っています

 

チケットを定価で買う前に、一度チェックしておくことをおすすめします

 

チケットキャンプ

でもやっぱりパークには行けない…

「やっぱり6,000円も払ってパークに行くのはちょっと…」
「パークまで行く時間がない」
「やっぱりネットで手軽に買いたい」

 

そんな方は、他のランドセルメーカーの商品をチェックしてみませんか?

 

ディズニーには負けないほど素敵なランドセルを扱っている、おすすめのメーカーの商品をこっそりご紹介したいと思います

 

 

KIDS AMI(キッズアミ)」

ランドセルの品質と使いやすさに60年間もこだわり続けているキッズアミ
実は日本で初めて「文部大臣賞」を獲得したランドセルメーカーです
使いやすさとデザイン性に優れた日本の鞄メーカーです

 

KIDS AMI(キッズアミ)

 

 

萬勇鞄

ランドセルを1つ1つ手縫いで作っている萬勇鞄
秋のこないデザインと丈夫さ・そして豊富なカラーを取り揃えている老舗のランドセルメーカーです

 

萬勇鞄

 

 

カバンのフジタ

全国のイオンを中心に販売されているカバンのフジタ
ランドセルを作り始めて60年という老舗であり、使う子供の視点に立ったランドセルを販売しています

 

カバンのフジタ

 

 

セイバン

「天使のはね」でおなじみのセイバン
肩ベルトがしっかり身体にフィットするため、身体にかかる負担を軽減させることができます
身体の小さなお子さんにぴったりですよ

 

セイバン

 

 

フィットちゃん

CMでおなじみのフィットちゃん、
かわいらしいデザインやカッコイイデザインを豊富に揃えていますが、オーダーメイドで作成することもできます
ショールームの数も多く、実際に見て触って購入することもできるとママの間で人気!

 

フィットちゃんランドセル

 

 

モギカバン

萬勇鞄と同じく、1つ1つ手縫いでランドセルを作っているモギカバン
どこのメーカーとも被らないオリジナル商品を販売しています
5万円以上の商品が多いが、毎年注文数も増えている老舗の鞄メーカーです

 

モギカバン

 

 

 

ララちゃん

「ララチャンランドセル〜♪」こちらもCMでおなじみですね!
色やデザインを自由に自分好みに組み合わせることができ、世界でたったひとつのランドセルを作ることができます

 

 

このように、国内にはランドセルメーカーがいっぱい
オンラインで買いたい!商品を見て触って買いたい!という方は、こういったメーカーのランドセルをチェックするのもアリですね。

 

限定デザインやカラーも多いランドセル
希望の物がある場合、早めに予約・購入しないとすぐになくなってしまいます
お子さんと一緒にチェックし、子供も大人も希望通りのランドセルを購入できるといいですね!